美人の正体

「美人の正体」からスリムであることは魅力を上げるのか?

スリムであることは魅力を上げるのか?

ダイエットをする上で、とても肝心な点です。

「美人の正体」(越智啓太 2013年)から外見的魅力をめぐる心理学を紹介します。

>>「美人の正体」

この本はメンタリストDaiGoさんもおすすめしていた本です。

では、心理学の統計から、魅力的な体とは何かにせまっていきましょう。

「美人の正体」-スリムであることは魅力をあげるのか?

まず、人は性格なのか、外見なのか?

という問いから見ていきましょう。

もし内面なのだとしたら、私たちが鍛えるべきものは内面かもしれないからです。

人は内面?外面?

テレビのインタビューで有名人に「好きなタイプはどういう人ですか?」と質問したとします。

そこで、たいてい「外見はあまり関係ない、問題は性格」。

このような回答を多く耳にします。

けれど、外見に関しては私たちは過度に気にしています。

現にこのブログもダイエットブログですね。

筆者は「口では『人は性格』などと言っていても、じつは『人は外見』で判断されているのではないでしょうか?」とその疑問に答えようと研究結果を調べました。

出会い系パーティーを実際に開いてみてどのような人がモテるのかを検証した実験を参照にします。

すると、性格や知性などの要因よりも、顔などの外見的な魅力が大きな影響を持つことがわかってきました。

「人は性格」と言っていても、無意識に「人は外見」を選んでいたのです。

とはいえ、この研究結果が出る前に、このダイエットに取り組んでいるあなたはきっとこの結果がわかっていたはずです。

「外見を良くするためにダイエットをする!」

とはいえ、こう意気込んでみたものの、魅力的な外見を知らなければかえって魅力がダウンしてしまうこともあり得ます。

自分が好かれたい人に好みのデータを聞いたとしても、もしかしたら相手は自分がどの体型に一番魅力を感じるかわかっていない場合もあります。

人がどんな体型に魅力を感じるのかは、本能的な部分も大きいと言われているからです。

そうなってくれば、統計的なデータからみて最も魅力があると判断されている数値を目指していきたくなりますね。

なので、次にBMIと身体的魅力の統計を見ていきましょう。

BMIと身体的魅力

BMIというのは「Body Mass Index ボディ・マス・インデックス」の略で、次のような式で表されます。

BMI=体重㎏/(身長×身長(m))

健康的なBMIは18.5以上、25未満だといわれています。

これらのBMIから、

適正体重BMIは22。
美容体重BMIは20。
モデル体重BMIは18。
と言われています。

もし身長が160㎝ならば、
BMI22は56キロ。
BMI20は51キロ。
BMI18は46キロ。
となります。

では、このBMIの根拠はどこから来ているのでしょうか?

本では、1998年に行われたトビーらの研究を上げていました。

50人のさまざまな体型の女性の魅力度を1~7の段階で評価していく実験です。

40人の男子大学生が評価をして、それをグラフに移しました。

すると、女性の最適なBMIは21程度だグラフからわかったのです。

では、それなら21を目指せばいいのに、なぜ美容体重はBMI20でモデルになるとBMI18になるのでしょうか。

実は、BMIが15~20程度のやややせ型の部分に、曲線が予測するよりも魅力度評定がかなり高い一群のデータが存在していました。

魅力度測定の曲線ピークは21なのですが、その曲線を外れた部分にシルエットが魅力的に見えるポイントがあったのです。

本から抜粋します。

つまり、もっとも理想的だといわれている平均的な部分よりも少しやせている位置が、身体的にもっとも美しく見えるわけで、女性がみな「ダイエット」を叫んでいるのはここをめざしているのだとすれば、確かに理解しやすい現象といえるでしょう。

このように、グラフからも美容体重が推測されているのです。

あなたがダイエットの目標を設定するとして、統計的なBMIデータは参考になります。

またシルエットとは関係がなく、人はスリムであればあるほど年齢が低く評定されるそうです。

女性は若い方がモテると生物学的に言われているので、BMI21より少し低めが美容体重といわれるのも若さの関係があるのかもしれません。

ただ、本ではBMIだけでは測れないものがあるといっていました。

ウエスト比とバストに関してです。

「美人の正体」-ウエストとバストも魅力に関係する。

BMIに関係がなくても、ウエストとヒップのサイズ比0.7になっていると魅力的だと見なされるという実験結果が載っていました。

マリリン・モンローのスリーサイズは(94-61-86)でウエストとヒップのサイズ比は約0,7です。

今時の雑誌の表紙に載っている水着のモデルのサイズ比も0,7に近くなっていると述べられていました。

ウエストのくびれは男性から1,3秒で判断されるといわれています。

 

そして、バストですが、バストサイズが大きいほどナイトクラブで声をかけられる率があがったり、ヒッチハイクの成功率があがったりするそうです。

バストは大きいほど注目されやすいという特徴があるようです。

なので、ダイエットでバストを減らしすぎてしまうと、こちらの魅力は減ってしまうことになりかねません。

「美人の正体」から、スリムであることは魅力を上げる-まとめ。

・人は無意識に外見で判断をしている。

・BMIでの魅力的な適正値は21だが、見た目のピーク部分には20~15の部分に一群の高いデータがある。

・ウエストサイズはヒップ値と比べて0,7が魅力的と言われている。

・バストは大きいほど注目を浴びる。

心理学の実験データから得られた値です。

やみくもに痩せる!と決まるのではなく、目標数値を上げておくとダイエットに取り組みやすくなります。

着たい洋服を買ってしまうというのも目標数値を決めやすくなるかもしれません。


>>9999円以上、送料無料【instokyo】

美人の正体
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG