脳をだます

脳をだます2つのダイエットを紹介。即効性のある痩せ方は脳を刺激していた!

脳をだましてダイエットを成功させていく。

そんな簡単にできるダイエットがあれば、試してみたいですよね。

>>脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?

この本から、「脳で賢くダイエット」の章を参考にその方法を語っていきます。

脳をだまさなくてはいけない理由

魅力的になりたい。

おしゃれな服が着たい。

意中の人に気に留めてもらいたい。

そんなときに私たちはダイエットを意識します。

ダイエットの理由が、生物学的な理由から言えるという脳科学結果がでていると述べられています。

本によれば、恋愛をするとき、特に男性の脳は視覚に関わる場所、「島皮質」部分が活発になるそうです。

視覚によって本能的に健康で優秀な赤ちゃんを産める女性を見極めるため、その部分が活発化すると考えられています

なので、私たちはその影響を受けて、スタイルが良いだとか、カワイイだとか、視覚的なものを優先します。

その結果ダイエットがしたくなる。

けれど、人間には生存本能があり、おいしそうなものがあれば食べてしまいます。

そのときは痩せたいと思っても、すぐに誘惑に負けてしまいます。

また何もしないと年とともに痩せにくくなってしまうという事実も。

なので、脳をだます方法を身につけていくことがダイエットに成功するための近道です。

脳をだますダイエットの方法

では、具体的に脳をだますダイエット方法を紹介していきます。

本では2つの方法を紹介していました。

①脳が「楽しい」と感じるようにする。
②脳が夢中になることを見つける。
それぞれを見ていきます。

脳を騙す方法①脳が「楽しい」と感じるようにする

脳は怠け者なので、楽しいと勘違いさせるとやる気を出すと言います。

楽しいことは取り組みやすく、人は好きなことはいくらでもやってしまいます。

得意がさらに得意になることはよくありますよね。

では、ダイエットを楽しいと感じさせるにはどうしたらいいか。

楽しい方法を編み出せれば一番ですが、私たちは結果がでると嬉しくなります。

ダイエットを楽しい、結果が出せるもの、とまずはインプットさせましょう

次に、そのような楽しいことを維持させるモチベーションは健康な脳である必要があると本で説かれています。

健康な脳は自己のセルフイメージ(なりたい自分)どおりにしようと指令を出すのです。

それに必要なのが特にタンパク質。

タンパク質は必須アミノ酸という脳の中で働く物質の原料になり、健康な脳を保ちます。

脳をだます方法②脳が夢中になることを見つける

食欲をコントロールしているのは脳と言われています。

なので、想像によって食べたことにする。

すると想像しなかった場合と比べて食べる量が20%ほど減ったという研究があるそうです。

この想像が一つですが、さらに夢中になるようにノルアドレナリンを分泌させればいいと言われています。

つまり、ドキドキすればいいのです。

ドキドキすると、ノルアドレナリンが分泌されて、それが満腹中枢を刺激すると言うのです。

恋わずらいで体重が減るというのも、脳科学的な根拠があったのです。

恋愛じゃなくても夢中になるものがあれば、ノルアドレナリンが分泌されます。

では、この2つを兼ね備えたダイエット商品はあるのか?

脳をだますダイエットの具体的な商品を紹介

まずは即効性に着目してみます。

即効性のある低糖質ドリンクダイエット

なぜなら脳はすぐに効果がでると、楽しくなりそれを続けたいと思うからです。

まずは代食にできるプロテインドリンクをおすすめします。

品質も考えていくならこちら。

>>Naturecan 公式サイトはこちら

糖質制限をしたり、食事のかわりにプロテインドリンクを飲むと体重がすぐに減ります。

それはなぜかと言えば、糖質は水分を保持しようとするからです。

水分保持のために、食べた分量の水分の重さが体重にあらわれます。

なので、糖質をとらなければ水分が蓄えられない分、すぐに体重減少になるのです。

糖質を取らないとすぐに体重が減る理由はこのようなものです。

そして、私たちはこの効果に成果を感じて、糖質制限ダイエットを行おうとしていきます。

本当は糖質も代謝をあげるためや、他の栄養面でも必要なのですが、即効性には糖質制限をすることがお勧めになります。

脳を正常に保つタンパク質。

即効性のある糖質制限。

これらは脳をだます役割を果たします。

紹介した商品は、糖質制限に向いている他、品質にもこだわっているのでお勧めです。

でも、飲むだけは楽しくならないかもしれない。

そんな悩みもありますよね。

おいしさも満喫したい。

いつもと同じ食事で低糖質ダイエット

今までと変わらないのに、体重が減ると嬉しい。

今まで通りおいしい食事はとりたい。

そんな方にはこちらをおすすめします。

>>糖質88%OFF&糖類ゼロで食べられるダイエット【低糖質ふすま粉パン】

こちらも糖質を制限することで、体重減の即効性が感じられます。

しかも、食事を変えずにパンが食べられるというのは嬉しいですね。

 

さらに食事を変えたくない人にはこのような商品もおすすめです。

>>無添加の健康宅配食サービス【FIT FOOD HOME】

こちらのダイエット用の食事はお米が豆に切り替わっています。

内部的には低糖質に仕上げてあるのに、おいしさは変わらない。

食事の楽しみもあるという点でもおすすめです。

趣味に夢中になる

好きな人にドキドキする。

または好きな有名人を待ち受けにするなど、すぐにドキドキが感じられる状態を作る。

そうしていけば、食欲よりノルアドレナリンが勝って満腹中枢が刺激されます。

でも、特に好きな人もいないという場合。

ここではその手助けになりそうな商品をご紹介していきます。

>>ウォーキング・デッドを観るなら<U-NEXT>

話題作から、興味をひきそうな一般的なものまで。

自分が夢中に慣れそうなものを映像から見つけてみるという手があります。

 

または人とコミュニケーションをとってみると言う方法も!

オンラインガールズバーめもり~ず49! 3回まで無料サービス中!

ドキドキを体験するには、実際に人と話してみるのが一番。

これなら無意識にお菓子に手が伸びることもなくなります。

 

または相談や自分を発見するという切り口ならこちら。

>>TVCMで話題の【ココナラ占い】無料会員登録はこちら

初めの試みはドキドキしますね。

新しい物事を試してみるというのはノルアドレナリンを活性化させて、脳にやる気を与えます。

脳をだますダイエット-まとめ

脳をだますには。

①脳が「楽しい」と感じるようにする。
②脳が夢中になることを見つける。
楽しいと感じるようになる一つには、即効でダイエット効果を出す。
脳が夢中になることを見つけるには、人にドキドキする。
新しいことに夢中になってノルアドレナリンを放出させる。
脳をだますことでダイエットを賢く成功させていきましょう!
脳をだます
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG