オトナ女子 ダイエット

オトナ女子の自分磨き!食事10割で体脂肪を燃やす。

夏が来た。

体重計に乗ったら、

5キロ太っていた!

こんなことはありませんか?

なんとか、一か月で3キロやせた!でも、あと2キロが落ちない。。

こんなダイエットに警告を発するのは森拓郎さん。

んな痩せ方を繰り返すと、そのうち代謝が下がりまくって、やせない体になってしまう

「オトナ女子のための食べ方図鑑」の序文の文章です。


>>オトナ女子のための食べ方図鑑

なぜやせない体になってしまうのか?

それは、長年かけて太った体重のほとんどは体脂肪

けれど、すぐさまやせるのは筋肉と水分だというのです。

このようなダイエットを繰り返すと、かくれ肥満を引き起こすといわれています。

ではどうするのか?

運動?

食事?

そう、運動ではなくて、食事10割で体脂肪を燃やす

これはそういうコンセプトの本なのです。

食事改善をして体脂肪を燃やしていこうとする本。

ではどうすればいいの?

本の中から内容を少し抜粋していきます。

オトナ女子の自分磨き-正しく食べる編

若い頃に比べて、どんどんやせにくさを感じているオトナ女子。

低カロリー食品や運動、キツイ食事制限をしているにも関わらずやせない。

「実は、その良かれと思って続けた間違いだらけの食生活が、ダイエットの要となる代謝を下げ、恐怖の肥満スパイラルを招いているです。」

このように本では書かれています。

カロリーを抜くのではなくて、代謝に必要な栄養素で体を満たすことが、代謝を下げない体つくりになるといいます。

肥満の根本原因は栄養不足のエネルギー過多。

えっ、エネルギーは少なくしているのに?

と思った方も多いはず。

それは、カロリーは少なくても糖質など、身体作りには使われない栄養だけをとっていて、身体を作るための栄養をとっていないからだと言います。

例えば、はるさめ、ジュース、パン類や麺類。

これらは体を動かすエネルギーにはなりますが、身体を作るための栄養ではありません。

これでは代謝UPにはならないというのです。

ここで、3大栄養素のおさらいです。

①炭水化物⇨体を動かすエネルギー。
②たんぱく質⇨筋肉、皮膚、神、内臓、血液など、主に体の構成要素になる。
③脂質⇨体を動かすエネルギーにもなるが、代謝に必要な各種ホルモンの材料になる。
このなかで、たんぱく質がほぼ体を作る栄養素になっています。
なので、代謝を高める体を作るにはたんぱく質が必要、ということです。
以前、たんぱく質もインスリンを分泌するので太ると述べました。
>>たんぱく質が太る理由はなに?
それは、体を作るから筋肉分太るのであって、それは体脂肪を燃やすためには通る道なのです。
体重を落とすのに、一か月一キロほどが良いというのは、体脂肪だけをほぼ落とそうとする試みから。
体を作って体脂肪を減らしていくと、自然とダイエットになるという戦略なのです。

オトナ女子の自分磨き-プロテイン初心者はこう選ぶ!

プロテインが代謝UPに必要ということがわかりました。

次にプロテインを効率よくとるにはどうしたらいいのか?

そのような疑問が浮かびますね。

プロテイン初心者はこう選ぶ!

この章を紹介します。

まずプロテインの認識としてはこうです。

①プロテインは栄養補助食品。飲めばやせるわけではない。
②パッケージ裏の成分表示表をチェックして、たんぱく質含有量が多いものを選ぶ。
③気軽に飲めるものを選ぶ。
成分表示表を見てみると、たんぱく質含有量が低く、その分他の栄養素が入っている場合があります。
前回比較したホエイプロテインでは、そのような比率とコスパの差がありました。
>>FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテインのレビュー「10日間実際に試した結果」
成分表示をきちんとみて、購入していきましょう。
こちらはコスパとホエイタンパク質含有量で優秀です。
なぜこんなに高価なんだろう?
というプロテインには他の栄養素が入っている場合が多いのです。
自分で自分にあった栄養素をその分購入して組み合わせるということもでき、そちらの方がコスパがよくなります。

オトナ女子の自分磨き-減量とダイエットは似て非なるもの

たんぱく質は代謝UPにかかせない。

その補助食品として、プロテインを活用すると体つくりに良い。

このように本を見てきました。

ここで把握しておきたいこと。

減量とダイエットは似て非なるもの。

ダイエットの語源はギリシャ語で「生き方」「生活様式」を意味するdiaita。

現代では「健康的な体になるための食事療法」という意味で使われます。

ダイエットとは、目標体重達成地点をゴールとする「減量」とは異なり、健康な体を維持していくために必要な「食べ方」を見につけていくことなのです。

このように本で語られています。

減量目的なら断食が良いかもしれません。

本でも緊急に減量したいのなら、1日1,5食をおすすめしていました。

痩せてからも、維持していくためには「健康的な体になるための食事療法」を知っていくことがダイエットです。

バランスの良い食事。

まずは食品パッケージの裏をみて、栄養成分や構成要素を知ることからスタートです。

実際に体験してみるというのもありかもしれません。

>>FIT FOOD HOME

 

 

オトナ女子 ダイエット
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG