森拓郎 名言

森拓郎さんのダイエットに刺さる名言を紹介!

私は森拓郎さんの著書をほぼ持っています。

ダイエットの考え方に関しては、森さんの考えを参考にすることが多々あります。

その中で、「ダイエットは運動1割、食事9割」この言葉がとても有名です。

森さんは言います。

しっかりとした知識を身につけなければ、このダイエットの成果はあがらないのだ、と。

「食事制限でがまんすることがダイエット」だと思い込んでしまうと、「太りやすくなりながらやせるんだよね。」と一喝

この中で、特に気をつけたい刺さる言葉をまとめてみました。

今回参照にした本はこちら。

>>森拓郎の読むだけでやせる言葉「キレイになりたい人のためのパーフェクトダイエット」

この本の発売は2017年ですが、本書では「長年のダイエット指導にもとづいた知識・情報を届けたい」とあります。

実践に基づいた知識は、いつまでも古くなりません。

なぜ現代のダイエットは知識が大切なのか

このブログのコンセプトでもある「本から学ぶ」という言葉。

森さんは現代の科学技術が食品にたくさん使われていることに関して危惧しています。

例えば、今現在あふれている加工食品。

私たちは見た目で何が入っているのかわかりません。

何が入っているか見るには原材料や成分表をみなければ、わからない。

でも、多くの人は感覚で食べている。

これでは、ダイエットできない!

森さんは著書で成分表を見なければダイエットできない!とまで述べます。

成分表を見れば、キャッチコピーに騙されずに何を私たちが食べているのかわかるというのです。

表示の一番上に位置しているものが、そのものに一番含まれている成分です。

見たことのない添加物の名前が連なっているかもしれません。

その中には太りやすい添加物もあるのだといわれています。

たとえば、果糖ブドウ糖液糖など。

知ることで、それを避けたり、飲むとしても太りやすいものを飲んでいるのだと気がつけます。

現代のダイエットで知識が必要な理由は、食べているものを知るため!

では、それを知りつつ、森さんの刺さる名言を紹介していきます。

森拓郎さんの「刺さる名言」を紹介

まずはダイエットの基本から。

ダイエットは我慢というより知識

「ジャンクフードをがまんすることや、食べた分を運動で消費することを考えるより、ジャンクフードを欲しなくなるくらい必要なものを食べる知識をつけるべき。
なのに、甘いだけの酵素ドリンクとか、栄養スカスカなものでおなかを満たそうとするのは、カロリーしか見ていない典型的な失敗です。」

ダイエットは我慢というよりは、知識。

私たちは生の食べ物はそこまで食べられないといいます。

生の食べ物というと、食物繊維がそのまま残っている食べ物です。

果物だとそのまま、リンゴやグレープフルーツなどは食べるのが大変ですよね。

その必要なものを食べているうちに、ジャンクフードの食欲がなくそう、ということです。

さらには、ジャンクフードの恐さなどを知ることで、食べるのを躊躇するということはありそうです。

私たちが老化する食品のトップレベルに位置するのはポテトチップスやフライドポテト、なんて言われています。

ダイエットはムリなく一生続けられる行動と知識を身につけるのみ。

やせる考え方から抜粋します。

「ダイエットで大事なのは、以前と満足度は変わらないのに、食べる量や食べ物の選択が自然と変化していること。
だからこそ、どんなダイエットをするかは、何かをがまんするのではなく、ストレスなくできるかできないかで判断したほうがいい。」

脳ダイエットの回では、心をときめかせるアドレナリンを放出させたり、脳を楽しいとだますことが重要だと紹介しました。
>>脳をだますダイエットはこちら

その考え方は実践を通したダイエットでも実証されています。

 

「『ダイエットを決意する』ことは誰でもできますが、失敗してしまう原因として無意識的に『食べてしまう』があります。
無意識は意識よりも大きな力があり、無意識のプログラミングが切り替わるほど脳を揺らす体験がないと、なかなか変わらない。」

これを読むと当てはまることがでてきませんか?

そう意識することで、無意識を意識に変えていきましょう。

食べ方を変えればやせられる!

森拓郎さんは「食べ方を変えればやせられる!」と持論をもっています。

糖質依存やたんぱく質不足を解消して代謝を上げていける食習慣を身につけることが第一だと言うのです。

このブログではプロテインを押していますが、森拓郎さんもたんぱく質を毎食摂取することを押しています。

「ダイエットにおいてはとにかく、たんぱく質が一番大切です!脂肪と炭水化物は控えても、たんぱく質は豊富にとってほしいのです。」

このようにまずはたんぱく質を押します。

かつ、タンパク質比では動物性:植物性が7:3くらいの割合でとれるようにすることをお勧めしています。

名言にいきます。

「グラノーラは油と砂糖たっぷりのお菓子です!」

ヘルシーそうなのに、意外ですよね!

 

加工食品(スナック菓子やパンなど)や揚げ物などの摂りすぎは高カロリーに加えて、ホルモン機能を狂わせる恐れがあります。

この狂わされた結果、食欲が増してしまったり、体調が悪くなったりといったことが起こります。

 

30代以降くらいのやせにくくなったと感じる女性たちの多くは10代や20代で低カロリー&低栄養ダイエットを繰り返し、体重の増減だけを意識していたため、やせにくい身体をつくっていたことに、年をとってから気づく

栄養が少ないと筋肉がほっそりします。

なので、隠れ肥満がおきます。

この場合は、食べ物を変えないとやせられないと本では述べられています。

 

プロテインは、食前に飲めば食欲抑制になり、血糖値急上昇を抑制したりもする。
たんぱく質が十分に取れない人は、食後に摂れば栄養補助ができる。
間食で飲めば空腹感の抑制にもなる。
目標たんぱく質量が摂れなかった日は、夜寝る前にパッと飲めばいい。

運動してなくてもプロテインを飲むと良いといいます。

たんぱく質のサプリメントとしてプロテインを飲むことをお勧めしていました。

>>Naturecan 公式サイトはこちら

 

有酸素運動はダイエットに利きません!と断言。

その理由はこちら。

「有酸素運動はやればやるほど体が少しのエネルギーで効率よく動ける省エネ型になっていきます。ここに食事制限を加えればなおさら代謝は下がります。」

代わりに、貯蓄もできる積立型の筋トレが良いとおすすめしています。

森拓郎さんのダイエットに刺さる名言を紹介-まとめ

ダイエットのいわゆる常識といわれているものを打ち破るような名言がたくさんありました。

ダイエットは知識。

運動1割食事9割。

グラノーラはお菓子。

たんぱく質は必須。

有酸素運動より筋トレ。

栄養を考えないと、筋肉がやせていくから、結果的にやせにくい身体になっていく。

 

私はやせにくくなってから気が付いたという点が多いので、栄養素不足があって筋肉が減っていそうです。

知識を学んでダイエットをしていきましょう。

バランスの良い食事に、こちらもおすすめです。

>>FIT FOOD HOME

森拓郎 名言
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG